岡田茂吉 スポーツ医学(天国の福音 昭和二十二年二月五日) | 岡田茂吉を学ぶ

スポーツ医学(天国の福音 昭和二十二年二月五日)

スポーツマンが素晴しい体格や体力の持主であり乍ら割合短命という定評のあるのは如何なる理由であろうか、医学に於ても一種の謎とされている。茲(ここ)にその原因を開陳してみよう。

  スポーツは多くの種類があるに係わらず、その殆んどが一人一種に限られている。 従而(したがって)二六時中練習の場合同一動作をとるから、その力点に保有毒素が集溜固結するのである。それが時を経て浄化発生する。而も普通人と違い毒結が強靭なる為浄化も執拗であり治癒困難となるのである。

  私の経験上、水泳選手などは肩の一方に隆起的固結がある。その浄化発生の場合結核的症状を呈するので、医師の診断の多くは結核と断定するのである。水泳選手に結核の多いのも此為である。

  又ゴルフ愛好者はよく腎臓疾患に罹り易く之も腰に力を入れる為腎臓周囲に毒素溜 結するからである。

 其他マラソン選手に於ける心臓肥大症は周知の事実である。私は思う、健康上から いえばスポーツマンは二種以上の競技を実行すべきである。又スポーツに限らず、音楽家等にも動作偏重の為の罹患があるから注意する要がある。

ピアノに耽(ふ)ける者は両腕に力点を置く関係上胸部に毒結する。ヴァイオリンは肩部にチェロは左肩と腰部等というようにである。之等も軽視出来ないものがあるか ら、音楽家も他の運動等によって調節すべきである。

タイトルとURLをコピーしました