御論文 「薬剤は科学?」【註栄光二五四号】     

      世間よくこの薬は効くとか、アノ薬は効かないなどと言われるが、これを吾々からみると洵に滑稽である。それはどういう訳かというと、驚いてはいけない、薬が効くのと病気の治るのとは似て否なるもので、根本的に異っている事である。という訳は薬が効くというのは苦痛が一時治まるだけの事であって、病気そのものが治るのではない。この点最も肝腎であるから心得て貰いたいのである。というのは抑々医学の考え方は病気と苦痛とは離るべからざる一体のものと解しているからで、苦痛が治れば共に病気も治ると思っており、病気と苦痛との判別がつかなかったのである。従って医学が如何に進歩したとて、病気の治らないのは当然である。処が私はこの理を発見したのであるから、忌憚なく言って世界史上空前の大発見といっても過言ではあるま い。

   ここで病理についてザットかいてみるが、病気とは薬毒の固りに対し、自然浄化作用が起って排除される苦痛であるから、言わば発病が主でそれに苦痛が伴なうのである。それを医学は間違えて、苦痛が主で病気が伴なうように思ったので言わば主客顛倒である。この逆理によって薬を以て苦痛を抑える。この考え方で生まれたのが医療である。然も一層厄介な事は、薬が毒化し病原となる事も知らなかったので、二重のマイナスである。これが医学の進歩と思っているのであるから、その愚度すべからずである。それを知らないが為臨床家などが、学理通りに治らないので、常に疑問を抱いている話もよく聞くが、さこそと思われる。その証拠として新聞広告などに出ている売薬の広告を見ても分る通り、決して治るとはかいてない。何々病には効く、苦痛が減る、好転する、元気になる、強力な効果がある、血や肉を増す、予防にいい等々、それをよく物語っている。

  然も薬で苦痛が緩和する理も科学的説明は出来ないのは、何々の薬を服めば効くとするだけの事である。丁度未開人が禁厭(マジナイ)等で治すのと同様でしかない。何よりも新薬を作ろうとする場合、本来なら最初理論科学が生まれ、次いで実験科学に移るべきだが、そんな事はないらしい。というのはその殆んどが偶然の発見か、推理による実験であって、それ以外は聞いた事がない。その例として前者は英国の或学者が、医学に関係のない実験の際、偶然発見された青苔の一種が彼のペニシリンであったり、後者である独逸のエールリッヒ、日本の秦両博士の合同発見による彼のサルバルサンにしても、六百六回の実験の結果、漸く完成したのであるから、これは根気戦術によるマグレ当りで学とは何ら繋がりがない事である。

 又凡ゆる病菌にしても、何十年前から研究を続けて来たに拘らず、今以て決定的殺菌剤は生まれない事実である。又近来発見の御自慢の抗生物質にしても、最初は素晴しい評判だったが、近頃になって逆効果を認め再研究に取掛ったという話も最近聞いたのである。これらにみても何病に限らず、決定的効果ある薬はまだ一つもないのであって、それだからこそ次から次へと新薬が生まれる訳である。故にそのような不確実な薬剤を以て病を治そうとするなどは寧ろ冒険というべきであろう。又医学では動物実験を唯一の方法としているが、これなども科学的根拠は全然なく、単なる推理臆測によって、多分この薬なら効くだろうというマグレ当りを狙ったものであるのは、効かない場合次から次へと何回でも試してみるによっても分る。それが為一種類の動物を数千匹殺しても尚成功しないという話もよく聞くのである。

 私は科学者ではないが、真の科学とはそんなアヤフヤなものではなく、確実な合理的根拠によって研究し、真理を把握したものであって、効果も決定的で永久性であるべき筈である。それがどうだ、或期間がすぎると無効果となり、次から次へと新薬が生まれるとしたら、どこに科学的理論があるであろうか。丁度流行品と同様薬にも流行り頽(スタ)りがある訳で、一種の商品である。苟(イヤシク)も人間生命に関する重要なるものとしたら許さるべきではあるまい。然も多くは短期間の実験によって売出すのであるから、若し効果のない場合、詐欺行為ともなるであろう。よく新薬発表当時救世主の如く仰がれたものが、いつの間にか消えてしまうのも、軽率の譏(ソシ)りは免れまい。その為犠牲になる大衆こそ一種の被害者であり、売薬業者に米櫃(コメビツ)にされる訳である。敢えて当事者に警告を与える所以である。

   

タイトルとURLをコピーしました