汚職の母体 (栄二百五十号 昭和二十九年三月三日)

      周知の如く昨今次から次へと、芋蔓式に出てくる汚職事件には、誰しもウンザリするであろう。恐らくこんなに汚職問題が一度に重なり合った事は、未だ嘗て例がないように思う。勿論司直の厳正な裁きによって、何れは白黒判明するであろうが、それだけで済まされない処にこの問題の重要性がある。というのは今回のそれは別としても、昔から年中行事のようになっているこのスキャンダルは、現われただけを裁いても、根本的解決とはならない以上、どうしても徹底的根絶をしなければならないのである。丁度ゴミ溜に蛆が湧くようなものであるから、そのゴミ溜の清掃であって、これ以外根本的解決はないと共に、国民も大いに要望しているに違いあるまい。只困る事にはその原因である急所が分っていない事である。

      ではその急所とは何であるかというと、それこそインテリ族の最も嫌いな有神思想であって、実は汚職問題と雖もその発生の母体は有神思想とは反対の無神思想であるから始末が悪いのである。言うまでもなく無神思想とは、ズルイ事をしても人の眼にさえ触れなければ済むとする怪しからん考え方であって、然も人智の進む程それが益々巧妙になると共に、出世の第一条件とさえ思われている今日である。これを実際に当て嵌めてみると、そうはいかないのが不思議である。何故かというと成程一時は巧くいったようでも、早晩必ず化の皮が剥がれるのは今度の事件をみてもよく分る。併しながら彼等と雖も或程度は分っているであろうが、根本的観念がこの世に神は無いと固く信じている以上、心の底から分らない為、仮令今度のような結果になっても、 真に悔い改める事の出来る人は果して何人あるであろうか、疑わしいもので、大部分の人々はこうなったのは行り方がまずかったからだ、智慧が足りなかった為だ、だからこの次の機会には一層巧く行って、絶対引掛らないようにしてみようと思うであろうが、これが無神族としての当然な考え方であろう。従ってこの根性骨を徹底的に叩直すには、どうしても宗教によって有神観念を培う事で、それより外に効果ある方法は絶対ない。

      然も今日以上のような無神族が上に立っている限り、官界も事業界も古池と同様、腐れ水に溝泥(ドブドロ)や塵芥が堆積しているようなもので、何処を突ついても鼻持ちならぬメタン瓦斯がブクブク浮いてくるように、今度の事件の経路をみてもそう思われる。故に今まで分っただけでも、或は氷山の一角かも知れないが、これが国家に及す損害や国民の迷惑は少々ではあるまい。それ処か国民思想に及ぼす影響も亦軽視出来ないものがあろう。言うまでもなく上層階級の人々は、陰ではあんな悪い事をして贅沢三昧に耽り、政党や政治家などが湯水のようにバラ撒く金も、みんな国民の血や汗の税金から生み出すとしたら、真面目に働くのは嫌になってしまうであろう。従ってお偉方が口でどんなに立派な事をいっても、もう騙されて堪るものかという気になり、今までの尊敬は軽蔑と変り、国家観念は薄くなり、社会機構も緩む事になるから、これが国運に及ぼすマイナスは予想外であると思う。

      以上によってみてもこの問題の根本は最初にかいた如く無神思想の為であるから、何よりもこの思想絶滅こそ解決の鍵である。それには何といっても宗教家の活動によって、神の実在を認識させる事であって、仮令人の眼は胡魔化し得ても、神の眼は胡魔化し得ないとする固い信念を植附ける事である。そうなれば汚職事件など薬にしたくも起りようがあるまい。そうして今度の事件の立役者は、高等教育を受けた錚々(ソウソウ)たる人ばかりで、地位、名望、智慧など申し分ないであろうが、何故アンナ事をしたかという疑問である。これこそ無神思想の為であるとしたら、この点教育、学問と道義感とは別である事が分る。そうしてこのような立派な人達が精一杯巧妙に企んでやった事だから、知れる訳はなさそうなものだが、蟻の一穴で、一寸した隙からそれからそれへと拡がって  大問題となったのであるから、どうみても神の裁きとしか思えないのである。

      ここで今一つ重要な事は、日本は法治国といって誇っているが、よく考えてみると、これは飛んでもない間違いである。何となれば法のみで取締るとしたら、法さえ巧く潜れば罪を免れ得て、悪い奴程得になる訳である。というように法という檻で抑える訳だから、人間も獣扱いであり、万物の霊長様も哀れ形無しである。これが文明国家としたら文化は泣くであろう。私は常に現代は半文明半野蛮時代と言っているが、これを否定出来る人は恐らく一人もあるまい。又これに就いての一例であるが、今仮に目の前に財布が落ちているとする。誰も見ていないとしたら、普通の人なら懐へ入れるであろうが、断じて入れない人こそ神の実在を信じているからである。処がこういう人を作る役目が宗教であるが、これに対して当局もジャーナリストも甚だ冷淡で、宗教を以て無用の長物視しているかのように、兎もすればインチキ迷信扱いで、民衆を近寄らないようにする態度は実に不可解である。これでは無神思想の味方となり、汚職問題発生の有力な原因でもあろう。

      如上の意味に於て、為政者はこの際豁然として心眼を開き善処されん事である。でなければこの忌わしい問題は、いつになっても根絶する筈もなく、これが国家の進運を阻害するの如何に甚だしいかは言う迄もあるまい。処でこれを読んでも例の通り馬耳東風見過ごすとしたら、何れは臍を噛む時の来ないと誰か言い得るであろう。そうして今日国家が教育その他の機関を盛んにして、人智の開発、人心の改善に努力しているが、肝腎な無神思想を根絶しなり限り笊水式で、折角得た智識も善より悪の方に役立たせるのは当然であるから、その愚及ぶべからずである。何よりも文化の進むに従い智能犯が増えるという傾向が、それをよく物語っている。敢えて世の識者に警告する所以である。

タイトルとURLをコピーしました