岡田茂吉 平均浄化に就て (救世五十九号 昭和二十五年四月二十二日) | 岡田茂吉を学ぶ

平均浄化に就て (救世五十九号 昭和二十五年四月二十二日)

浄霊施術者に対し大いに注意すべき事がある、それは施術の場合平均浄化が起るという事である、例えば右の腕が痛いとする、それが良くなると今度は左の腕が痛くなる、恰度痛みが移行したように思えるが、実はこれが平均浄化である、つまり右の腕の毒素が除れ浄まると、左の腕に毒素がある場合、右腕の状態と平均すべく自然浄化が発生するという訳である、勿論腕には限らない、腹でも背中でも痛みが移動などは決してあるものではない、前記の如く平均浄化の為である。

又斯ういう事もある、例えば咳の患者を浄霊すればする程余計出る事があるが、これば見当違いの為である、その訳は数ケ所に毒結がある場合、一ケ所を浄霊すればする程他の個所にある毒結の平均浄化が起る、大いに咳が出るのである、従而斯ういう時は見当違いを早く覚り他の患部を探すべきである、それによって急所が見つかり、そこを浄霊すれば咳は忽ち減るのである。

ただ一つ注意すべきは例外のある事で、之は腹部の痛みに限るのである、原因は蛇霊であるが、之は腹部の一個所に激痛があり、それを浄霊すると逃げ廻るから根気よく追かけては浄霊する、すると漸次的に痛みは軽減し終に無痛となる、処が此様なのは一、二日経つとまた痛む、又右の如く浄霊すると、その度に痛みは軽減し、終に全治するのである。

此平均浄化という事は治る医術であるからで、本教浄霊の特殊性で、他には決してない、何となれば他の凡ゆる療法は治病の力がないから、平均浄化などあり得ないからである。

タイトルとURLをコピーしました