岡田茂吉 [日々雑感] 2021年、今年は節分が2月2日。 | 岡田茂吉を学ぶ

[日々雑感] 2021年、今年は節分が2月2日?

紅白梅図屏風

  1月31日の日曜日にかなり久しぶりに気になっていた友人から電話があり、その友人から今年の節分は2月2日と聞いてビックリ!!

 調べてみると、確かにそのようで、明治30年(1897)2月2日以来124年ぶりの事だという。なんと迂闊なことか・・・。友人を通して神様がお知らせ下さったのだと思いました。節分に向け、お詫びの心の整理をさせて頂かなくてはと思いながら、バタバタと日を過ごしてしまっていました。😓

御教え集31号、昭和29年2月4日立春祭のメシヤ様のお言葉を昨年アップしていますので、参考にリンクを貼らせてもらいます。もうすでにご自身で調べられてHPのこちらのみ教えを読んでくださっている方もたくさんいらっしゃるようで、HPをご利用いただき本当に嬉しく思います。

少し、下記に引用させてもらってみました。

つまり事の起り始めは、これは神代となってますが、神代ではないのです。そう古いことでもないのです。尤も三千年という事になってますから、三千年前はやっぱり人間の世界です。この国常立尊という神様が世界的に支配していた時代があったのです。ところが非常に厳格な神様で、間違った事は許さないというために――大本教のお筆先などを見ると分りますが――つまりあまり厳しいので八百万の神様がとてもやりきれないというので、こういう喧(ヤカ)ましい神様は押込めなければ楽はできないというわけで、押込められたわけです

御教え集31号 昭和二十九年二月四日 立春祭御教え

 人間は3千年前に国常立尊様を押し込めたために夜の世界になり、押し込めた罪があるといいます。あれっ?、押し込めたのは人間ではなく”八百万の神々様”ですよね・・・?
 国常立尊様が艮の方角にお隠れあそばれて夜の世界になったので、押し込めた神々は人間に生まれてきた・・・? すみません、この辺は勉強不足でよくわからないのですが・・・。

 「これは神代となってますが、神代ではないのです。そう古いことでもないのです。尤も三千年という事になってますから」
 
 と、メシヤ様はお話しくださっているので、やはり、人間が押し込めたのでしょうか?

 そして3千年前を「そう古いことでもない」とお話しされています。3千年前と言ったら相当古い大昔の話とつい最近まで思っていたのですが、今、家に何故かあった「神々の指紋」という本を読んでいるのですが、世界の古代遺跡の謎について載っているのですが、それを読んでいると確かに3千年前は古い事ではなく、極、近い過去の年代に起こったことのように思えてくるから不思議です。これも何故か家にあったのですが「竹内文書」はもっともっと古い時代のことから書かれているので、とても、あな不思議の世界であります。

下記に、御教えから最古のことを少し引用させてもらいます。

忘れもしない大正十五年即ち昭和元年十二月或夜十二時頃、未だ嘗て経験した事のない不思議な感じが心に起った。それは何ともいえない壮快感を催すと共に、何かしら喋舌らずには居られない気がする。止めようとしても止められない、口を突いて出てくる力はどうしようもない。止むなく出るがままに任せた処、『紙と筆を用意しろ。』といふ言葉が最初であった。私は家内にそうさせた処、それから滾々と尽きぬ言葉は思ひもよらない事ばかりである。先づ日本の原始時代史ともいふべきもので、五十万年以前の日本の創成記であった。其時代に於る人間生活が重なるもので、例えば猛獣毒蛇が横行し、人間はそれと日夜戦ってゐて、それを防ぐ為の仕事が重要な日課で・・・

 (中略)

 此神憑りは七千年以前まで出たが、そこでピタリと止って了った。約三ケ月位であった。その記述は便箋にかいて約三四百枚はあったであらう。勿論大事に保存してゐたが、其後当局から度々弾圧され、その都度家宅捜索を受けたので、ブリキ缶へ入れ土へ埋めたりしてゐたが、未だ安心が出来ないので、終に焼却して了った。何故なれば皇室に関する事が割合多くあったので、其頃としては之が一番危険であったからである。       その記録の中、未来に関したものも相当あったが、之は今日発表する事は未だ時期の関係上困難である。


入信後の神懸り  (自観叢書四  昭和二十四年十月五日)

 この御教えによると、メシヤ様も50万年以前の日本の創世記から7千年前までを御神事で知らされていたわけですから、「3千年はそう古いことでもない」とおっしゃられたのですね。

 「入信後の神懸り」の御教えは近いうちにアップさせていただきます。 

 「竹内文書」や「神々の指紋」の本は主人が購入して読んだものだと思われます。節分の日にお詫びさせていただくべき大事なことに気づかせていただきました。この点は個人的なお詫びになりますが、気づかせて頂けたことに心から感謝申し上げます。

 ・・・と、ブログを書いて寝たのですが、夜中にふと気付かされたというか、ネットで調べると2021年の立春の時刻は2月3日23時59分なので立春が2月3日になったと言うことですが、2月3日の朝に立春祭のお参りをさせていただいたところで、その時はまだ立春になっていないということに気づきました。

 ということで、私は例年通り、2月3日の夕方に節分祭をして、2月4日の朝に立春祭をすることに決めました。

 本当は立春祭は箱根にご参拝して、年一度展示される紅白梅図屏風を熱海で見て帰るつもりでしたが、非常事態宣言の最中なので諦めることにしました。今年は見れないかもしれないので画像をアップしてみました。

      八尾屋

タイトルとURLをコピーしました