岡田茂吉 子供の不良化 (救世五十九号 昭和二十五年四月二十二日) | 岡田茂吉を学ぶ

子供の不良化 (救世五十九号 昭和二十五年四月二十二日)

 近来、子供の不良化が社会問題として取上げられているが、これに対し適切な回答 は与えられていないようである、今日見らるる種々の不良化防止論は甚だ末梢的で、 一つも問題の核心に触れていないのは遺憾である、之に就て吾等が信ずる絶対的防止法をかいてみよう。

何よりも先ずその根本が何処にありやをはっきりさせる事で、それには子供と親の関係を考えるべきで、之を最も判り易く言えば、親が木の幹であるとすれば子はその枝である。故に幹の方を閑却しておいて、枝が腐朽するのを止めようと骨を折るのだから、ナンセンス以外の何物でもない、子供の不良化の原因が親にある事を充分知る事こそ、問題解決の根本条件である。

吾等は先ず霊的方面から解剖してみよう、いつも言う通り親と子は霊線によって繋がれている、故に親の霊が曇っていれば霊線を通じて子の霊も曇る、之が子供の不良化の原因である、此理によって子の霊を曇らせないようにするのが不良化防止の方法であるから、何よりも親の霊を曇らせないようにする事である、処がその理を知らないから親は間違った考えを抱き、意識するとせざるとに拘はらず罪を犯すので、それが曇りとなり子に写すので、どうしても親たる者は常に善を想い、正を行い自己品性の陶冶に充分心掛くべきであって、それ以外決して効果ある方法はないのである。

右は霊的解釈であるが、今度は体的説明をしてみよう、それは子供は親に見習い、親の真似をしたがるもので、これは誰も知っている処である以上、親が不正を思ひ不善な行為をする以上、いくら巧妙に隠しても一家庭内に在る以上何時かは子供に知れるに決っている、子供は親でさえあんな事をしているんだから、俺達がやってもいいじゃないかという考えが起るのは当然であるという訳で、詮じ詰めれば子供の不良化とは親の不良化であるといっても間違いはあるまい、故に子の不良化とは親の不良化の暴露でしかない訳になろう。

世間の親たる人々よ、右の説をよくよく玩味し、良い子を願うとしたら、御自分が先づ良い親となる事である。

タイトルとURLをコピーしました