岡田茂吉 株価値下りの原因と其前途 (救世 四十八号 昭和二十五年二月四日) | 岡田茂吉を学ぶ

株価値下りの原因と其前途 (救世 四十八号 昭和二十五年二月四日)

      最近の株価は、一頃からみると、普通半分から三分の一、ひどいのになると十分の一以下になったものもある、之が為、大損をした者数知れずという訳で、実に同情に堪えないものがある、中には気狂いになったり、自殺する者さえあるというのだから、全く気の毒を通り越して悲惨事である、一頃、株式の民衆化等といって新聞にラジオに盛んに宣伝しておきながら、今の有様に対しては言訳の仕様もあるまい、今更、責任が如何(ど)うの斯うのいった処で後の祭りで、当局者も斯んなに下るとは想像していなかったからで、咎める訳にもゆかないであろう。

      処が、この暴落は、私にはよく判っていたので、随分警告を与えたものである、昨春から夏頃へかけてよく質問されたもので、物価や株式の前途に就てどういう方針をとるのがいいかという事で、其都度私は今に何でも彼んでも下るから、今の内極力売れといったものである、私は年末迄に株は何分の一位になると言ったのであるが、幸か不幸か今日の如く、先(ま)ず的中したという訳である、それでは右の予言は神示かというとそうでもなかった、寧ろ常識から割出したという方が本当である、というのは諸物価の値上りは、全く戦争の為であるから、戦争が終れば元通りに下るのは至極当り前である、上るから下る、下るから上るというブランコみたいなもので、相場師がよくいう言葉に「山高ければ、谷深し」というが、全くその通りである、ただ上る時より下る時の方がズーッと速いのは致し方ない、恰度ニュートンの引力説の如く、物を持上る時間より落す方が早いのと同様である。

      茲(ここ)で一つ株式虎の巻というようなものをかいてみるが、抑々、株式の本質は何であるかというと、大事業を営むには大資本を要するから、多勢で金を出し合わなければ出来ない、といって一人で大資本を出せるものがあるとしても、独占的になるから面白くない、という訳で、終戦前の財閥なども、一人で出せる力があっても遠慮して、株式組織にしたものである、処が今日は独占禁止法などもあるから、尚更困難で、どうしても大衆本位にしなければならないのである、以上が正当な行(や)り方で、勿論株金に対する利益配当を得るのが目的で、銀行預金や公債などより割がいいと増資や値上り等の楽しみもあり、又経済振興上貯金の幾分かを投資に当てるのは、国民の義務と言ってもいいからである。

      従而(したがって)、以上の如く配当を目的とする投資ならば正当であり、何にも問題はないから損をするような事は殆んどないといってもいい、処が、配当だけでは面白くないから、どうしても値段の上り下りを狙って差金を得ようとする、之が所謂(いわゆる)相場であるから、根本的に間違っている、凡そ何事も正しい行り方なら決して損はしないもので、損をするのは間違った行り方をするからである、つまり悪銭身に着かずで、一時は儲かってもいつか必ず損をするものである、何よりの証拠は、相場で儲けたものは、成金でも株式の商売人でも二代も三代も続いたものは一人もないので、必ず没落する、事実は其道の者はよく知っている筈である。

      処が昨年株の景気のいい時に買った人達はテンデ配当などは考えてもみない、ただ上れば幾ら儲かるという、差金目当てのものばかりであって、全然株の知識のないサラリーマンや未亡人、若干の貯えのあるもの等の素人が無茶苦茶に買いついたのであるから、私は実に危険処か恐ろしいとさえ思ったのである、何となれば、当時の値段で相当の配当をした処で、年一分にも当らないというのが随分あったから、配当目宛ての真面目な投資家は手を出す筈がないからである、という事は一朝下げ相場になると群衆は到底気が持てないから、投げ出すに決っている、投げは投げを生み、下げ足を速くするからアッという間にみらるる通りの下値になって了(しま)ったのである、茲で注意すべきは、昔なら底値になった場合、資本家が買出動するから、下値は喰い止め得るが、今日はそういう大手筋はなくなった以上、相場は底知れずで恢復には相当長い期間を要すると見なければならないであろう。

      元来、株式などは、よほど金の余裕が出来てから有(も)つべきもので、そうすればどんな値下りがあってもビクともする訳がない、処が大抵な人は力もないのに大きくやりたがる、之が失敗の元なのだ、というのは株を買う時は騰(あが)る事ばかり考えて下る事は考えない、それがいけないのだ、尤も株に限らず何事を計画するにも成功する事よりも失敗の場合を考えるべきである、つまり失敗したらどうするかという対策を予(あらかじ)め決めておく、それに就て以前斯ういう事を聞いた事がある、人間は商売でも何んでもそれと心中をしてはいけない、いつでも離れる事の出来るようにしてやる、そうすれば決して失敗する事はないので、実に味がある言葉と思ったのである。

      私は、昨年霊的にみた相場の事をかいたから、こんどは体的にみた相場をかいたのが此文章である。

タイトルとURLをコピーしました