自然食

教えの光

『教えの光 』 白米と玄米の適否   昭和二十六年五月二十日

玄米と白米との中間即ち七分搗位がよい。玄米はまづいし又胃腸が玄米を咀嚼するようになってない
日々雑感

[日々雑感] 三好ドクターが語る栄養成分の「健康病」(その2) 

未知の栄養成分がまだたくさんある食べ物を、きわめて複雑で神秘的な機能を持った人間が食べた場合、体内でどのような働きをしているかをすべを解明することは非常に困難なことです。
2021.10.05
メシヤ講座

[メシヤ講座] 曇りを作らない生活を送る。信仰をすればする程不幸になる訳。2015年10月⑤ (私達の学び目からウロコの内容より)

知っていて悪い事をすると「罪」は倍増するというふうに仰っておりますので、知っていてですね、曇りを発生するという事は、実質的には信仰しながら「罪」を作っていっている、という事になってきます。
日々雑感

[日々雑感] 2020年コロナ禍の今と、昭和25年の御教え「細菌恐るべき乎」

いくら御浄霊があると言っても、危険な添加物の入ったものや、農薬や化学肥料を使った農作物を常時食していたのでは健康は望めません。無肥料栽培の御論文も順次、掲載していく予定です
2020.11.11
タイトルとURLをコピーしました