岡田茂吉 疫痢 (自叢十 昭和二十五年四月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

疫痢 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

 子供の病気の中怖ろしいのは疫痢とされている。処がその原因としてよく言はれる 事にはバナナとか餡気のものとか、凡て食物の為としているが、そんな事は絶対にな い、疫痢は猛烈な浄化作用で、その浄化発生の直前食べた食物に罪を着せるという訳 で全く真の原因が解らない為だ。

タイトルとURLをコピーしました