祝詞

ホーム

[メシヤ講座] 祝詞は自分のために奏上するもの 2001年8月 (私達の学び目からウロコの内容)

天津祝詞は、大和民族の宗家に当たる神様が創られたもので、祓い詞(はらいことば)ですね。ですから、神様のために奏上するのではなくて、自分のために奏上するという意味合いが強いですね。神様から力をいただきつつ、祓い詞を唱え自分自身を浄めていただく。家族を、家庭を、更には地域を浄めていただくという姿勢ですね。
タイトルとURLをコピーしました