主の神

教えの光

大神・神・尊・命について、分霊と化身『教えの光』(1.宗教、科学、哲学、芸術の問題 ) 昭和二十六年五月二十日

化身で一番重要なことは、仏は全部神の化身であって、夜の世界の間は仏の世であるから、神々は全部仏に化身された。天照皇大神が大日如来、月読尊が阿弥陀如来、稚姫君(わかひめぎみ)尊が釈迦如来というようにである。従って、仏滅ということは仏がみんな元の神格に還り給うことである
ホーム

御教え集13号 昭和二十七年八月二十六日 ※九分九厘と一厘

丁度医学に世界中塗りつぶされた様なものですが、そこに私が段々九分九厘の医学をやっつけて行くのです。で、九分九厘と一厘という事で一番の問題は医学なのです。之さえ本当になれば、無論貧乏も無くなりますから、戦争なんかも無くなるのです。医学と言つても、問題は薬なのです。人間の身体から薬を抜けば全然病気をしなくなるから、貧乏もなくなるし、争いを嫌いになるから戦争も無くなる、
2020.10.14
タイトルとURLをコピーしました