茨木よし子

ホーム

霊視日記(三) 五三中教会  茨木よし子 『地上天国』45号、昭和28(1953)年2月25日発行

社の傍に天照大神様を前に刻み、五角形の高さ三尺位の石碑に、五柱の神様の御名前が刻み込んであるところがありました。村人達もここにはよくお参りするのか、洗米も供えてありました。夕方にてあたりは薄暗くなりかけている頃でした。祝詞を奏上するや、白い着物を召され黒髪を垂らし御姿の後には金色の円光が拝され、軸物で拝する天照大神様、その側には四、五人の神々様がいらっしゃる姿が見えました。祝詞終るや大神様は木造建の御社に、静々とお帰りになられました。
2020.05.26
ホーム

霊視日記(二) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』180号、昭和27(1952)年10月29日発行

静かな朝等御浄霊をいたゞいていますと、施術者の背後から明主様が直接御浄霊下さるお姿がいつ迄もいつまでもはっきりと霊視出来ます。有難くてもったいなくて感涙にむせぴます。以前は限られたお方だけにしか霊視出来ませんでしたが、最近では古いお方にはたいてい明主様を背後にいたゞき御浄霊下さる様です(その人その人信仰の厚い薄いにより、明主様のお姿が薄くこく、はっきりと、いきいきと、と云う様に変化があります)
2020.05.26
ホーム

霊視日記 (一) 茨木よし子 『地上天国』40号 昭和27年9月25日発行

昭和二十四年六月頃よりお浄霊を頂いていますと不思議な現象が目にうつる様になりました。最初掌から出るお光が見え出しました。薄い白色の霧の様な光、想念の通りに突き抜ける。次に御神体から黄金の光、白金の光さんさんと流れ出て部屋一面のお光である。身体に気持よく感じる。
2020.05.26
タイトルとURLをコピーしました