岡田茂吉 岡田茂吉を学ぶ | 先祖供養

先祖供養

御垂示録

御垂示録1号 昭和二十六年八月八日 ② ※先祖供養

真宗と日蓮宗とではいけないですね。大体養家を主にして、実家の方はお客様扱い位で良いです。祭らないよりは良い、祭つた方が功徳になると言う程度です
2020.12.03
御垂示録

御垂示録1号 昭和二十六年八月五日 ③  ※先祖供養、御神体奉斎

天理教でお祭りしなさい。死んでも、霊界ではその宗教の団体に居るんです。それ以前の禅宗の先祖は仏教で祭るんです。或時期になると、霊界も全てメシヤ教になる。
2020.12.08
メシヤ講座

[メシヤ講座]お盆について 。ご先祖様への祈りはどのように・・? 2015年8月⑧ (私達の学び目からウロコの内容より)

ただ、それはお父さんの初盆で、○○家の先祖代々のお盆もしていかんといけないから、その先祖代々のお盆の慰霊祭の時に「父が亡くなって今年が初盆なので霊界の方で導いて頂きたい」ということを先祖に頼まなくてはいけない。
ホーム

霊視日記(九) 五三中教会  茨木よし子『地上天国』53号、昭和28(1953)年10月25日発行

ああ右手で二本指を出されたことは二枚重ねて掛けてあることを知らせて下さったのだなと思われました。そこで早速一枚をはずされますと、お光がさんさんと輝き阿弥陀如来様は御満足そうな御様子の様に拝されました。
2020.08.21
自観叢書 第九篇  「光への道」

霊的肺患  (自観叢書九  昭和二十四年十二月三十日) 

その青年は父親と二人暮しで、長い病気の為、金銭を費ひ尽し、赤貧洗ふが如き状態であったから、死後の追善供養など殆んど行はなかったのである。従而、霊は霊界に於て孤独不遇であるから、私によって祀って貰ひたい希望で、私の妻に憑依したのである。
2020.10.29
ホーム

御光話録4号 昭和二十四年二月八日 (彼岸とお盆について)

位牌には始終留守居がゐて、それが戒名の所に憑依してます。人が拝むと多くの祖霊は集って来るのです。又臨時に拝む時は留守居がそれを受けます。又何か御供へして鐘を叩くと運ぶ役目の霊が出て来てその物の霊気を祖霊の所へ持って行って配る
2020.03.19
第三篇「霊界叢談」 

広吉の霊 (自観叢書三 昭和二十四年八月二十五日)

私は霊的研究と治病の実験を併せ行はふとした最初の頃である。それは十九歳になる肺患三期の娘を浄霊した。二回の浄霊で些か効果が見え第三回目の時であった。私が浄霊にかかると側に見てゐた娘の母親であるM夫人(五十歳位)が突然起上って
2021.01.08
タイトルとURLをコピーしました