岡田茂吉 御教え集32号 昭和二十九年三月二十六日 春季大祭 | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集32号 昭和二十九年三月二十六日 春季大祭 (最近霊界が非常に変わって来た)

    三月二十六日

      最近霊界が非常に変って来たために、いろいろな霊が慌て出したと言いますか、非常に変動を起こして来たのです。いろいろな霊が救われたい事と、それから救世教の仕事をしたいと(尤も仕事という事が救われる意味にはなりますが)因縁の人を通じて、そういう救いの願いやら、罪を赦されたいやらの、そういう事が時々あるのです。その中で非常に面白い事があったので、その記録を読ませようと思います。この神憑りの人は娘さんで、二人ばかりあって、それから審神者は別の人です。審神というのは調べるのです。

    (御報告)

      ここにある「明主」というのは無論私ですが、私の代理をする者も相当あるのです。その代理の一番の大番頭という、そういう霊です。それから今の天理教の中山ミキさんですが、これはあの当時話をしましたが、留置場に居る時にああいう人達を呼んでいろいろ話を聞いて、その時救われたそのお礼を言ったわけです。

      これについて四、五日前にチョット面白い事があったのです。それは私の仕事をしている、ごく近くの信者の若い妻君ですが、去年頭が少し変だったのです。それを治してやって、まだ頸の廻りに大分毒があるので、時々やっているのです。四、五日前に来て、これからやろうとすると、涙をポロポロこぼして非常に泣くのです。尤も、前から或る程度は分っていたのです。というのは、キリストが憑るのです。その時にもやっぱりキリストが憑って、私が質問しても、こみ上げて泣くので喋れない。暫らく待っていたくらいです。そうするとやっと喋れて、自分は長い間非常に苦しんでいたと言うのです。それが私によって救われて非常に嬉しいというわけです。それは何かと言いますと、磔になったのがまだすっかり治りきらなかったのです。それで随分苦しんでいたのです。それが浄霊によってすっかり治った、その感謝です。それからもう一つは、漸やく天の父に会うことが出来た、それが非常に嬉しいという、その両方の嬉しさで、つまり嬉し泣きです。そのような事があったのです。それで聞いてみますと、近頃その女の部屋にキリストが磔になった姿の霊が時々見えるのだそうです。それからその時の話に、ヨハネは一、二カ月前から時々憑ったようです。それで詳しく聞こうと思ったが、私は忙がしかったので、いずれそういう点も聞いてみようと思ってます。この人はさっきの霊憑りの人とは全然違う人です。キリストが自分の感謝の気持を早く知らしたいために、その婦人に憑ったわけです。

      ここで知っておかなければならない事は、偉い神様は決して現界で偉い人には憑らないのです。人からごく注目されないような、なんでもないような人に、かえって偉い神様は憑るのです。これはあべこべです。現界的に偉い人と思っていると案外違います。又どんなつまらない人でも決して馬鹿にできません。どんな偉い神様が憑っているか分らないです。かえって逆です。大本教祖なども紙屑屋のお婆さんです。赤貧洗うが如くで、見る影もない、ごく貧乏なお婆さんだったのです。それがとに角あんな立派な事をされたのです。国常立尊という素晴しい神様が憑られたのです。それから出口王仁三郎先生も百姓の息子です。そういうわけで、その点を余程心得ているべきです。

      それからこの婦人も去年あたり頭が悪い時に狐が随分憑ったのです。狐も見えますし、私が浄霊した時も狐が居たのです。それで怖がっていたのです。今度なども狐が時々憑っていたのです。ヨハネやキリストが憑った事も、狐に瞞されると思って、恐れをなして私に知らせたのです。ところがその点も心得ておかなければならない事は、善い神様ほどかえって狐を使うのです。というのは、普通の人間に神様が憑ろうと思っても憑れないし、喋らせようと思っても喋れないのです。それで狐に命令して狐に喋らせるのです。そうして本人の喋り工合によって、これなら大丈夫だという時立派な神様が御憑りになる事があるのです。だから狐だからと言って悪い意味に解釈して馬鹿にする事はできないです。祖霊などもよく狐を使うのです。狐は非常に人間に憑りやすくて喋りやすいのです。そのために祖霊が直接憑って喋れないときは狐にやらせる事があります。だから、よしんば狐が憑っていても、どんな立派な人間か、神様か分らないから、そのつもりでこっちは、軽蔑しないで真面目にやった方がよいです。よく狐の奴と言って、それを押えつけようとか、離そうとするのですが、それは悪いです。前にも私は書いた事がありますが、威張って出て来たり、いたずらする事があります。又立派な神様を装(ヨソオ)って来ますが、そういう時は瞞されるのです。狐は“オレは何神様だ”とか言うから、“ああそうですか。御苦労様です”と言っておくのです。そうしている内に必ず化(バケ)の皮(カワ)をはぎます。狐を押えつけようとしたりすると、かえって狐が怒っていろんないたずらをするのです。そうして正体を現わすのもかえって暇がかかります。そういう点なども、素直にするという事は何事にもよいという事が分ります。だから“狐、こいつ瞞しやがるな”といって警戒心を起こす、それが神様の方ではいけないのです。瞞されているとかえって暴露(バクロ)して、狐の方で頭をかいて謝(アヤ)まるという事になります。

タイトルとURLをコピーしました