岡田茂吉 岡田茂吉を学ぶ | おかげ話(御在世当時)など
お蔭話

痔『アメリカを救う』昭和28年1月1日 ※御教えとお陰話

この病気の原因は勿論薬毒であるが、その固結箇所が後頭部及び股間鼠蹊部が主で、その他全身的にある毒血が、浄化によって溶け、肛門部から出ようとする。それが脱肛、痔核、出血、痛み、痒み等の症状である。只痔瘻は一寸違う
お蔭話

腎臓炎乃至腎臓病『アメリカを救う』昭和28年1月1日 ※お陰話

悪性腎臓病を全治させて戴いて      岩手県   A.T (33)  昨年(昭和二十六年)のお正月釜石に参りました時、顔がむくみまして腎臓病と名前を付けられました。それで二月まで病院通いを致しておりましたが、食事も美...
お蔭話

慢性気管支炎『アメリカを救う』昭和28年1月1日 ※御教えとお陰話

これは体内のどこかに、薬毒の固結があって、それが少しずつ溶けて出ようとする場合、割合固いため、頻繁(ひんぱん)に強い咳をしなければならないのが原因である。何よりも痰さえ出れば楽になるのはそういう訳である。
お蔭話

 喘息 『アメリカを救う』昭和28年1月1日 ※御教えとお陰話

これは薬毒が肺の外郭附近に固結したものが浄化されて肺へ進入する場合、肺から相当間隔のある為と痰が濃厚の為と、肺膜が厚い為とで容易でないので、肺の方から吸引し様と呼吸を大きく強くする。これが喘息であって、発作も又強い咳もその為である。
2021.04.08
お蔭話

動脈硬化及び高血圧症『アメリカを救う』昭和28年1月1日※御蔭話(2)

高血圧及び動脈硬化症は中風に間接的に関係があるから、中風についての三例を挿入する事とした。
お蔭話

動脈硬化及び高血圧症『アメリカを救う』昭和28年1月1日 ※御蔭話(1)

神様は自由無碍のお働きをなされる事等を話され、「それが悪いと人間で決める事も出来ないので、ある事柄を決定づけてやる事は危険である」と話され、「それは神様に御願いし、もし許されるなら御守護戴くし、間違っていれば御守護は無いと思いますから、人間としてこれでよいと思った時はとにかく御願いして御浄霊を続けてみる事です」と申されました
小児病

小児麻痺(3)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御蔭話

口も早くなりましてどんな事でも言えるようになりました。以前は睡眠時間もほんの少しでありましたのがただ今では十時間位の睡眠をとるようになり、食事もうんと戴くようになり、その間子供ではありますがよくよだれなど出しいつも下から下り物が出ています
小児病

小児麻痺(2)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御蔭話

病気地獄の一家が今では全く天国一家で御座います。まことに有難う御座いました。
お蔭話

慢性頭痛持 『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御教えと御蔭話

現代人は薬を無闇に入れる事と、頭脳を使用する事が多い為、頭部を中心にその附近に固結した毒素が、浄化によって発熱と共に溶解し出ようとして、神戟を刺激する為である。というように痛みは治る作用であるから、薬さえ廃めて辛抱すれば、長くは掛るが漸次的に治る
お蔭話

精神病(2)『アメリカを救う』※御蔭話

思えば発病以来半歳有余の間、暗黒の世界より光明の世界へ御救い戴きまして、私の喜びは言うに及ばず、家内一同ただ明主様の偉大なる御力に感謝致しております。有難うございました。この上は微力ながらもこの教えの光の道に粉骨砕身努力致す考えで御座います。
2021.03.11
お蔭話

精神病 『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※御教えと御蔭話

この病気の原因は不眠症からであって、不眠が長く続くと危険である。先ず不眠の原因からかいてみるが、これは前頭部の脳貧血の為であって、初め延髄部に薬毒が固結し、頭部に送血される血管を圧迫するからで、患者の延髄部を見れば必ず固結があるからよく分る。何よりも眠れるようになれは、精神病は必ず治癒に向うものである
2021.03.09
霊視日記

霊視日記(17) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』254号、昭和29(1954)年3月31日発行

「悪の種まく人程、裁かれる。諸人よ心せよ」「暫くお別れをいたす。再び御用に働かせて頂く日の速からんことを祈りつつ」とお文字が拝されてきます
お蔭話

結核(3)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行※御蔭話

毎日浄霊を続けて次の十日目病院へ行ったところ又透視をせねばなりません。心配する胸の中、その内自分の番が来た。暗室の中で十秒二十秒すると医師が「おや」と言うと私の名前を二度までも聞きなおし「水がないね。どうしたんだろう」と医師は驚いておりましたが
2021.03.03
お蔭話

結核(2)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行※御蔭話

これぞ救い ―― 身を以て体験した医学の恐しさ ――      東京都  M.M(32)  シベリヤの捕虜生活の苦難の道をたどり、帰国の喜びも束の間、病魔におそわれ生きる希望もなく、この世に神は絶対になきものと一家心中まで...
2021.03.03
霊視日記

霊視日記(16)注(15.5) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』255号、昭和29(1954)年4月7日発行

いよいよ明主様がお出ましになられ、御講話を拝聴至していますと、お光は、こうこうと放射され、この部屋一面白光に包まれ、その余りは屋外に放射されてしまう様が拝され、現幽経綸なさる明主様のお姿が拝されました。無限に続く金色の輪(図略)がみえてきます
2021.02.16
お蔭話

癌(3)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※直腸癌(お蔭話)

関節リューマチスも治り瀕死の直腸癌患者癒ゆ
2021.02.16
お蔭話

癌(2)『アメリカを救う』昭和28年1月1日発行 ※子宮ガン(お蔭話)

思い出すさえ恐しき子宮癌の妹、七歳を頭に四人の子供を残して主人は出征し、過ぎし事ではありながら込み上げて来る涙をどうする事も出来ません。
2021.02.16
お蔭話

癌 『アメリカを救う』 昭和28年1月1日発行 ※胃癌(御蔭話)

次に注意したい事は、単に癌といっても真症と疑似との別がある。即ち右にかいたのは真症であるが、実は疑似の方がズッと多く、この点日本も米国も大差ないであろう。この疑似癌の原因は、無論悪性な薬毒の
2021.02.05
霊視日記

霊視日記(15) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』251号、昭和29(1954)年3月10日発行

一月二日 昭和二十九年の正月を迎え、明主様に御面会へと出発致しました。御面会場に着いた時には信者さん方は一ぱいお入りになり私は後の方でありました。伏しおがむ御神前からは強烈な白光が放射され曇り多き私は目のやりどころがなく
お蔭話

霊界は在りや (栄光 百二十二号 昭和二十六年九月十九日)※体験談 ”昏睡して一度は霊界へ赴き新たな生命給わる”

本教信者なら、霊界の有無など問題ではない。有るに決っている位の事は、誰も知っているが、然し乍らヤハリ体験者の話を、一回でも余計聞いた方が、それだけ信じ方が深くなるのは勿論である。殊に信者未信者を問わず、疑いのある人には最もいい参考となると思う
2021.03.19
世界救世教奇跡集

超奇蹟 (世界救世教奇跡集 昭和二十八年九月十日)

この御蔭話の奇蹟は奇蹟以上の奇蹟であって、恐らくこれ程の超奇蹟は人類史上空前であり、医学関係者は固より、普通人が読んでも只唖然として言葉も出ないであろう。これこそ世界的大問題として取上げてもいいと思うのである。私はこれを読みつつ驚きと共に涙が溢れて来てどうする事もならなかった。
2021.01.21
霊視日記

霊視日記(12)五三中教会 茨木よし子 『地上天国』56号、昭和29(1954)年1月25日発行

次に信仰の種類の御論文を拝読されますと、次々に面白い霊視ができました。
世界救世教奇跡集

雷火恐怖症 (世界救世教奇跡集 昭和二十八年九月十日)

左の御蔭話の人は、雷恐怖症であるのは勿論だが、この原因は何かというと、この人は前の世雷火で死んだその時の恐怖が霊に染みついていて、霊界生活が短かかったのでまだ除り切れないまま生まれて来たのである。
2020.10.29
世界救世教奇跡集

霊光自由無碍 (世界救世教奇蹟集 昭和二十八年九月十日)

御守の光が印画されていたのであるから、驚くべき現象である。次にこのレントゲン撮影が完全に出来ないと職業にありつけない為、神様に御願いした処、今度はチャンと写ったので、希望通りになったということである。これをみても神様の自由無碍な御守護の力の偉大さは言葉にも表わせない
2020.10.29
ホーム

霊視日記(14) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』244号、昭和29(1954)年1月20日発行

十二月八日 今日は午後一時より市役所の二階にて自然農法大講演会があり本部より渡辺、中村、梅村先生が講演されることになっていました。
世界救世教奇跡集

この奇蹟をどう見る (世界救世教奇跡集 昭和二十八年九月十日)御蔭話「炭鉱にての奇蹟の数々」

これは炭坑内における危機一髪という一瞬間に、被害を免れたという幾つもの奇蹟であるから、その損害を免れた利益は頗る大きなものであろう。従って全国の炭坑悉くに、一個所につき何人かの本教信者が居るとしたら、恐らく現在蒙っている被害高は何分の一に減るであろうことは断言される
2020.10.29
ホーム

霊視日記(13) 五三中教会  茨木よし子 『栄光』243号、昭和29(1954)年1月13日発行  ※昭和28年11月10日 京都劇場

整理員の方に案内されて明主様御面会場の席につきました。ステージの上には明主様のお出ましになられる御座所が設定されてあり、今日はどんな御用をさせていただける事かと嬉しくてたまらなく、どきうつ胸を鎮めつつ霊視をさせて頂きました。
御蔭話(御在世当時)など

[おかげ話] 嗚呼偉大なる哉神様の御力!! *結膜炎

その明るい笑顔を見るにつけてもあの浄化中の苦しかった事がまるで夢の様に思われます。もしあのまま医療を続けていたら今頃は幼き失明者として、生まれもつかぬ片端の身にさせられてどんなにか親も子も悲しみ欺いた事でございましょう。
御蔭話(御在世当時)など

此事実を何とみる (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

私は医学者でもなく、医学を学んだ事もないに拘はらず、病気に関する一切は神示によって根本的に知り得たので、前述の如く現代医学が如何に邪道に陥っているかが明かに判った以上、その是正こそ人類救済の第一義として私をして病無き世界を造るべき大使命を神から委任された事を深く思うのである。
2020.10.29
ホーム

霊視日記(11) 五三中教会  茨木よし子 『地上天国』55号、昭和28(1953)年12月25日発行

裸の玉の様な嬰児が現われ手足を泳ぐ様に動かし、傍には明主様と老年の女の方がその嬰児をあやしていらっしゃる和やかな情景が何時迄も何時迄も目に映りました。次には「大神様は私如き者をお選び下さりて大経綸をなさる云々」と鬚のぼうぼう生えている荒男の様な人が書いている様も見えて来ました。
2020.09.29
ホーム

霊視日記(十)  五三中教会 茨木よし子 『地上天国』54号、昭和28(1953)年11月25日発行

某氏の家の御屏風観音様のお祭にお参りさせていただきましてお勤めも無事に終りお話をしていますと、仏壇がぐらぐら動き今にも落ちてしまいそうになる様が霊視出来ましてこれはどうしたことかと家の方にお話しすれば仏壇の下の引出の中に御讃歌が入れてあることに気がつき、早速それを取り除かれますと仏壇は安置され静かな様になりました。
ホーム

霊視日記(九) 五三中教会  茨木よし子『地上天国』53号、昭和28(1953)年10月25日発行

ああ右手で二本指を出されたことは二枚重ねて掛けてあることを知らせて下さったのだなと思われました。そこで早速一枚をはずされますと、お光がさんさんと輝き阿弥陀如来様は御満足そうな御様子の様に拝されました。
2020.08.21
ホーム

霊視日記(八) 五三中教会  茨木よし子『地上天国』52号、昭和28(1953)年9月25日発行

この家は長らく伏見稲荷の信仰をされ祭壇が設けてありました。真中の大きな鏡には大きな龍神が口をあけ憑依していました。小さい鏡にも龍神がいました。その前の陶器の狐にも狐霊が憑依していて絶えず見張をしているようでありました。お勤めが終り「神人の業」の御論文を拝聴いたしていますと、稲荷の祭壇のところから大きくて凄い狐(神格を得ているように思われました)がこちらを向き盛んに聞いている様な態が見えてきました。
2020.08.21
ホーム

霊視日記(七)五三中教会 茨木よし子 『地上天国』51号、昭和28(1953)年8月25日発行

 四月一日、今日は待ちに待っていた願いがかない特別御面会に参加させていただきました。 本部御神前の霊界も驚く程に変化しているだろうと私の胸は、どきどきいたしました。本部御神前に御参拝申し上げますと、メシヤ観音様の乗っていらっしゃる雲の辺に...
2020.08.21
霊界通信

神和会『特別御面会御光話』各宗教祖との誓い 昭和26(1951)年7月8日

明主様には昨二五年六月、御法難に遭って、静岡庵原(いはら)警察署にお入りになったことは、世人のよく承知のことであるが、これは一大神秘であります。  明主様には深夜、各宗の教祖と、「霊界通信」をなされ、左にその主だった方、この言葉をお伝えしておきましょう
2021.01.03
霊界通信

御教え集32号 昭和二十九年三月二十六日 春季大祭 (最近霊界が非常に変わって来た)

最近霊界が非常に変って来たために、いろいろな霊が慌て出したと言いますか、非常に変動を起こして来たのです。いろいろな霊が救われたい事と、それから救世教の仕事をしたいと(尤も仕事という事が救われる意味にはなりますが)因縁の人を通じて、そういう救いの願いやら、罪を赦されたいやらの、そういう事が時々あるのです。
2020.11.11
霊界通信

【時局と霊界】明主様に御救い願う霊界よりの通信 地上天国第五十八号 昭和29(1954)年3月25日発行 応神中教会会長 牧 暉之助

この投書については、今は批評を書く事は面白くないから時を待つとして、兎に角興味的に見ても捨て難いものがあるので、ここに載せたのである。 明主
2021.06.17
ホーム

霊視日記(六) 五三中教会  茨木よし子 『地上天国』50号、昭和28(1953)年7月25日発行

氏神様に支部長さんや信者の方と参拝いたしました。留守居の神様らしいお方々が丁寧に答礼なさり、私達の方に対し、じっと頭を下げていらっしゃる様が拝され、何だか神様の方と私達の方とが逆の様な立場でした。祝詞が終るや、さっと頭をお上げになられました。もはや参拝に来なくてもよく解っているとお思い下さるのであろうか、それとも祝詞が有難くてなのでありましょうか。今日は何時もになく丁寧に御礼をなさいました。
ホーム

[お陰話]入信四カ月で天然痘治癒した喜び

入信四カ月目、日浅き私が肺結核、肋膜、腹膜の病苦のドン底より救われ、姉の子供の真症天然痘を短期間の内に癒させて頂きました喜びを、御報告させて頂きます。
ホーム

霊視日記(五) 五三中教会  茨木よし子 『地上天国』49号、昭和28(1953)年6月25日発行

信者の家の例祭にお参りいたし、支部長さんより御論文拝読を拝聴していますと、鵞天狗が目をくりくりさせながら聞いている。そこには明主様の尊い御姿も拝されました。
タイトルとURLをコピーしました